【2021年最新版】動画編集初心者必見!! 案件の取り方3選

動画編集初心者必見!! 案件の取り方3選

こんにちは、動画編集者のHirokiです!

動画編集初心者のYou
動画編集の案件の取り方って具体的にどうすれば良いのかな…?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。



動画編集案件の取り方❶:Twitterを活用する

Twitterの活用術は以下の通りです。

  1. 動画編集者垢を作る
  2. 自己紹介ツイートをする
  3. 自分が編集した動画の一部or全てを載せる
  4. DMで徹底的に営業する

順番に見ていきましょう。

1.動画編集者垢を作る

このように

“動画編集者”とユーザー名に含めて”発信用”の垢

を作りましょう。

このアカウントをベースに情報発信や案件獲得をしていきます。

 2.自己紹介ツイートをする

続いて自己紹介ツイートをしましょう。

Twitter上の動画編集者の方々は総じて良い方が多いので

「自己紹介ツイートはいいねとRTを多くされる」

という特徴があります。

効果抜群ですので是非!!



3.自分が編集した動画の一部or全てを載せる

実際に発信する内容は

自分で編集した動画の一部

が良いでしょう。

アウトプットにもなりますし

それを見た他の編集者があなたの技量を知ることが出来る

ので案件も振りやすくなります。

4.DMで徹底的に営業する

Twitterで

#動画編集者募集 とか #動画編集案件

などで検索すると

Twitter上で編集案件を載せている人

が沢山います。

詳細の書き方はその方によってまちまちですが、

そういう案件には徹底的に応募しましょう。

その際、自分の技量がきちんとわかる参考編集動画の準備はお忘れなきを…!!

動画編集案件の取り方❷:クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは

ネット上で案件の募集、応募のできる仕組み

です。

とりあえず、有名どころ以下の2つを登録して、ガンガン営業しましょう。

Lancers(ランサーズ)

クラウドソーシング「ランサーズ」

特徴

  1. 日本初のクラウドソーシングサービスという老舗
  2. 案件の数がとにかく豊富
  3. 発注側・受注側それぞれに役立つサポート制度が充実

ココナラ



特徴

  1. 自分のスキルを商品にして出品する形式
  2. 自分から案件に応募も可能
  3. ユーザーの情報が可視化されている

 

動画編集案件の取り方3:知り合いのづてに案件を得る

筆者個人的にこれは非常におすすめです。

メリットは以下の通り

  1. 知り合いなので融通が効く
  2. 相場よりも高く案件を獲得できる場合がある
  3. その後のビジネスに発展しやすい
  4. コミュニケーション能力が鍛えられる
動画編集初心者のYou
そんな知り合い居ないよ…。

という方も

今回、動画編集者として活動を始める事を機に、

そういうビジネス仲間を積極的に増やしてみましょう。

studio US

まとめ

いかがだったでしょうか?

動画編集案件を獲得するのは最初こそハードルを感じるかもしれませんが

出逢ったクライアントさんや仕事全てに対して真摯に向き合う事で

必ず継続的な案件獲得、さらにはその先のビジネスに発展します。

是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは素敵な動画編集ライフを…。

Written By ひろき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。