映画『水曜日が消えた』(2020年公開)を徹底レビュー【配信、DVD情報も】

水曜日が消えた

映画『水曜日が消えた』(2020年公開)を徹底レビュー【配信、DVD情報も】

こんにちは、Hirokiです!!

1日1本映画を観て暮らしています。

今回はそんな私が中村倫也さんが演じた多重人格者モノの名作

「水曜日が消えた」

について徹底レビューしていきます。

最後の方には

  • 配信しているVOD
  • ブルーレイやDVD

の情報もありますので最後までご覧ください。

まずは、映画の基本情報から。

映画『水曜日が消えた』の基本情報

『水曜日が消えた』を表す3つのポイント

  1. 曜日によって人格が変わる7人の自分の物語
  2. クラシックとともに流れる色彩鮮やかな映像美
  3. 本編の所々に仕掛けの演出が散りばめられている

これらは後で深掘りしていきます。

あらすじ

幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。性格も個性も異なる7人は、不便ではあるが、平穏に暮らしていた。各曜日の名前で呼び合う彼らの中でも、“火曜日”は一番地味で退屈な存在。家の掃除、荷物の受け取り、通院、、、他の曜日に何かと押し付けられて、いつも損な役回り。今日も“火曜日”はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。

それは突然やってきた。“火曜日”が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽…そう、“水曜日”が消えたのだ。

水曜日を謳歌する“火曜日”だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された“火曜日”はどうなってしまうのか―。

(引用:『映画『水曜日が消えた』オフィシャルサイト』)

解説

中村倫也が、曜日ごとに入れ替わる7つの人格を持った男を演じた主演作。幼い頃の交通事故により、曜日ごとに性格も個性も異なる7人が入れ替わる「僕」。彼らは各曜日の名前で呼び合っているが、中でも「火曜日」は一番地味で退屈な存在で、他の曜日から家の掃除など面倒なことを押し付けられる損な役回りだった。しかし、ある時、1日を終えてベッドに入った「火曜日」が、水曜日に目を覚ます。僕の中の「水曜日」が消え、「火曜日」は水曜日を謳歌するが、その日常は徐々に恐怖へと変わっていく。中村が7つの人格を持つ主人公を演じるほか、石橋菜津美、元「乃木坂46」の深川麻衣、きたろう、中島歩、「ゲスの極み乙女。」の休日課長などが顔をそろえる。MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平の初の長編監督作。

(引用:『映画.com』)

ジャンル

サスペンス、ファンタジー

公開日

2020年6月19日

上映時間

104分

主なキャスト

7人の“僕”(斎藤数馬) – 中村倫也
一ノ瀬 – 石橋菜津美
新木 – 中島歩
高橋 – 休日課長
瑞野 – 深川麻衣
医師 – きたろう

主なスタッフ

監督-吉野耕平
脚本-吉野耕平

脚本監督を務めた吉野耕平さんは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選出されるなど実力派の映像作家さんです。

で、なんと今回が初監督作。

初監督とは思えない完成度の作品です。

評価

テストの採点をしている先生のイラスト(男性)

キャストの演技力

★★★★☆

ストーリー展開の自然さ度

★★★★☆

ストーリーの分かりやすさ度

★★★☆☆

気まず度

★☆☆☆☆
※気まず度、とはキスシーンや性的描写などの多さの指標です。
家族や友人と観る際の参考になります。

どんでん返し度

★★★★☆

お笑い度

★☆☆☆☆

グロ度

☆☆☆☆☆

ハラハラ度

★★★★☆

カッコ良い度

★★★☆☆
※ここでいうカッコ良さとは”映像的なカッコ良さ”です。

総合評価

83点

『水曜日が消えた』を表す3つのポイントを深掘り

説明会・セミナーのイラスト

曜日によって人格が変わる7人の自分の物語

中村倫也さん演じる主人公の斎藤数馬は、曜日によって人格が変わってしまいます。

最初そのあらすじを聞いたとき、曜日ごとのお話かなぁと思いきや視点は「火曜日の僕」である、という演出に非常に巧妙さを感じました。

曜日によって別人格になってします自分と主人公はどう向き合い、どのように展開をしていくのか、本編の間ずっと目が離せません。

クラシックとともに流れる色彩鮮やかな映像美

映画を観始めて、一番最初に感じたのが

「ミュージックビデオみたい」

でした。

本編に登場するクラシック(これも非常に演出として美しいです)と色鮮やかな映像がとても印象的で、思わず見入ってしまいます。

この手の演出は、使い古されているように思っていましたが、

今作はその加減が絶妙で”くどさ”もないし、その鮮やかな映像の中にめちゃめちゃ重大なヒントが隠されていたりします。

ここまで無駄のない映像作品は久しぶりに観ました。



本編の所々に仕掛けの演出が散りばめられている

本作をこれから観ようと思っているそこのあなた。

「ボーッと観てはいけません!!」

細かい仕掛けの演出が盛り沢山です。

キーワードは

「ハトと署名欄」

です。

意識してみてみて下さい。

どこのVODで配信してる?

Paravi

公式サイトはこちら

U-NEXT

公式サイトはこちら

映画『水曜日が消えた』のDVDや関連グッズ一覧

まとめ

いかがだったでしょうか?

ちょうど良い難易度の仕掛けが散りばめられている本作は

そこまで映画マニアじゃなくても楽しめる

演出になっているので観ていて

『なるほど〜』

と多くの人がなる作品だと思います。

もちろん内容も面白いし、日常の大切さ、も改めて考えさせられます。

是非、楽しんでくださいね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは素敵な映画ライフを…!!

Written By Hiroki Yamamoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。