【徹底解説】アドビ、Premiere Proの自動文字起こし機能の使い方

こんにちは、動画編集者のHirokiです!

動画編集初心者のYou
2021年7月20日に新しく搭載されたプレミアの自動文字起こし機能について知りたいんだけど…。

今回はこう言った疑問にお応えします。



❶プレミアを最新版にアップデートする。

まずはPremiere Proをアップデートして、そのバージョンが

[15.4.0]以上

になっている事を確認してください。

❷素材をタイムラインに並べる→シーケンスから文字起こし

まずは普通に素材を取り込み

タイムライン上に動画を並べてください。

それが終わったら

[テキストタブ]※新しく追加されたタブ

より

[シーケンスから文字起こし]を選択

してください。

❸自動文字起こしの設定をして、文字起こしを開始

上記画像のような、設定画面が出てくるので

言語を「日本語」に設定

して

[文字起こし開始]をクリック

してください。

すると以下の画像のように音声解析が始まります。



❹文字起こしが終わったら[キャプションを作成]を選択

文字起こしが終わると

上記画像の左上のように、文字が表示されます。

いかがでしょう?

結構高い精度で驚きますよね。。。

これを動画に表示させるために

[キャプションの作成]

を選択してください。

[キャプションの作成]を選択すると

上記画像のような設定画面が出てくるので、

とりあえずそのままで、右下の[作成]を選択して下さい。

❺テキストタブで文字の修正が行えるようになる。

タイムラインに注目してください。

今までにない[C1]と言うレーンが追加されています。

左上のキャプションタブから文字が修正できるようになりました。

試しに修正してみましょう。

上記画像で選択している部分を

「プロ側の広紀」→「ブロガーのひろき」

に修正してみます。

簡単に修正が出来ました。

studio US

❻黄色いブロックを選択すると文字スタイルが一括編集できる。

新しい[C1]レーンの黄色いブロックを選択すると

エッセンシャルグラフィックスで文字のスタイルを編集できます。

全て一括で編集できるのも非常に便利ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

これは【本当に革命的】です。。。。

動画編集にかかる時間が激減しますね。

絶対活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは素敵な動画編集ライフを…。

Written By ひろき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。